医師からのワンポイント アドバイス


ニキビについて

皮膚科担当 / ドン ラウ医師

お肌のトラブルのひとつにあげられる「ニキビ」は、10代にニキビの発症が多くみられますが、実は成人になってからもニキビに悩まされる方も多く、「大人ニキビ」や「吹き出物」と呼ばれています。

ニキビには面ぽう(コメド)と呼ばれる黒ニキビと白ニキビ、赤く腫れて痛いニキビがあります。


ニキビのできる要因は①皮脂分泌の量が増え②毛穴がつまり③アクネ桿菌が増殖して炎症がおこります。

治療法はさまざまですが、皮膚の皮脂量を減らしたり、細菌増殖や炎症を抑えるための内服薬や外用薬を使用します。

ニキビの早期治療は、症状を抑えるだけでなくニキビ跡になるのを防ぐことができます。


皮脂分泌量が増える、毛穴を詰まらせる要因は、間違ったスキンケアやストレス、食生活やホルモンバランスの乱れ、生活習慣や手で肌を触る癖まで多種多様です。できてしまったニキビを治療すると同時に、ニキビの発生につながる生活習慣を改善する努力も行い、新たなニキビを増やさないようにしつつ、一度治ったニキビが再発しないようケアすることが重要です。


繰り返すニキビや症状がなかなか良くならない場合は、早めに受診されることをお勧めします。



手湿疹(主婦湿疹)について

皮膚科担当 / ドン ラウ医師


水虫について

皮膚科担当 / ドン ラウ医師


Accredited Medical Clinic - Singapore MOH Chronic Disease Management Programme (CDMP)

急性呼吸器感染症と診断されたPR保持者およびシンガポール人の患者さんは、シンガポール政府からの助成金であるFlu Subsidy Schemeがご利用いただけます。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。



当院ではMOHが実施している”Swab & Go Home Program”をご案内しています。

MOHの規定・基準を満たす症状がある患者さんへCOVID-19スワブテストをしています。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。


4価インフルエンザワクチン

南半球型インフルエンザ予防接種のご案内

予防接種を受けてインフレンザを予防しましょう。

在庫に限りがありますのでご予約をおすすめします。