医師からのワンポイント アドバイス


ダーモスコピー(拡大鏡)検査について:

皮膚科担当 / ドン ラウ医師


ダーモスコピー(拡大鏡)は、皮膚に傷をつけることなく行える検査です。拡大鏡を使って、皮膚表面の色や構造、更には表面には出ていない皮膚内部の様子も観察することが出来ます。 ダーモスコープを使った場合、肉眼のみによる皮膚の診察と比較して、皮膚の病変の診断率が著しく上がります。 例えば、黒色腫の診断率は30%も改善しています。

皮膚にできた腫瘍やほくろをダーモスコープ(拡大鏡)で観察することで、良性か悪性かを区別します。

「ほくろが急に成長した」、「ほくろの色に変化があった」などきになるほくろがあれば早めに受診することをお勧めします。

また、ほくろだと思っていたものが、実はイボだったというケースもあります。自己診断をせず、専門の医師より症状にあった適切な治療をされることをお勧めします。



Accredited Medical Clinic - Singapore MOH Chronic Disease Management Programme (CDMP)

急性呼吸器感染症と診断されたPR保持者およびシンガポール人の患者さんは、シンガポール政府からの助成金であるFlu Subsidy Schemeがご利用いただけます。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。



当院ではMOHが実施している”Swab & Go Home Program”をご案内しています。

MOHの規定・基準を満たす症状がある患者さんへCOVID-19スワブテストをしています。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。


4価インフルエンザワクチン

南半球型インフルエンザ予防接種のご案内

予防接種を受けてインフレンザを予防しましょう。

在庫に限りがありますのでご予約をおすすめします。