医師からのワンポイント アドバイス


水イボ(伝染性軟属腫)とは?

症状や治療法は?

皮膚科担当 / ドン ラウ医師

水イボは正式名称を「伝染性軟属腫」といい、ポックスウイルスが原因でイボができる感染症です。皮膚バリアが弱い10歳以下の子どもがかかりやすく、イボができている部分に直接触れることで感染します。

年中暖かいシンガポールでは肌が触れ合う機会が多いため、感染が拡大する傾向にあります。

お子さんが自分でひっかいてつぶしてしまう、自然につぶれてしまう、などの理由により、滲出液が出て他の体の部分にウイルスが広がり、イボの数が増えてしまうことがあります。

肌がカサカサに乾燥したり、ひどく日焼けしたりして肌のバリア機能が弱っていると、水イボに感染しやすくなります。そのため、肌の保湿と日焼け防止を心がけることが大切です。

イボの治療法には外用薬、液体窒素による冷凍凝固術、レーザー治療などがあり、症状によっては治療が不要な場合もあります。

身体に水イボのような症状がある方はお早めに医師にご相談ください。



Accredited Medical Clinic - Singapore MOH Chronic Disease Management Programme (CDMP)

急性呼吸器感染症と診断されたPR保持者およびシンガポール人の患者さんは、シンガポール政府からの助成金であるFlu Subsidy Schemeがご利用いただけます。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。



当院ではMOHが実施している”Swab & Go Home Program”をご案内しています。

MOHの規定・基準を満たす症状がある患者さんへCOVID-19スワブテストをしています。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。


4価インフルエンザワクチン

南半球型インフルエンザ予防接種のご案内

予防接種を受けてインフレンザを予防しましょう。

在庫に限りがありますのでご予約をおすすめします。